葬儀への心構えとは

身内のみで行う葬儀が今流


トップ / 身内のみで行う葬儀が今流

日々のトラブルの情報

葬儀の前の遺影の準備

生前から遺影の準備があればよいのですが、突然亡くなられた場合は葬儀直前にあわてて写真を探すことになります。当然ながらご本人は遺影にしてもらおうとして写真に納まっていないので、どれも不向きに感じるかもしれません。でも今は写真加工の技術が素晴らしいので、プロにおまかせすれば安心です。小さく映ったお顔をズームさせたり、洋服を好みのスーツやネクタイに変えたり、背景を風景に差し替えたりも可能です。不向きと思えてもご本人らしい表情の一枚を選び、葬儀スタッフに相談してみるといいでしょう。

葬儀 茨城でご相談できる斎場です。
家族葬の他にも、一日葬や直葬など、希望に応じたプランが用意されているようです。内容も掲載されていてとてもわかり易いです。

葬儀の種類を知っておきましょう

葬儀と言うと、これまでは多くの参列者がきて個人に手を合わせていました。しかし、最近では費用をなるべく抑えるために家族葬というものが主流になりつつあります。お葬式という物には、火家族葬に密葬といった身内で行うものがあります。背景には高齢化社会になり周囲の人が参列する人が減ったという事と費用を抑えたいということにあります。葬儀のスタイルがだんだんと変化してきています。いつかは考えなければならないことでもありますので、知っておくと今後の為にもなります。

葬儀 大阪についてのご相談はこちらで。
送る方も、送られる方も嬉しいスタイルが最新の会館では可能なようです。資料請求もこちらからできますよ。