肝機能障害の詳細

肝機能障害の怖さとは


トップ / 肝機能障害の怖さとは

日々のトラブルの情報

肝機能障害の危険について

肝臓は人体において欠かせない内臓であり、その機能が低下すると生命維持において非常に危険を伴ってしまいます。そのため肝臓機能低下のことを肝機能障害と言います。肝臓にはエネルギー貯蔵・分配や解毒作用など様々な機能を担っています。しかしアルコールの過剰摂取によりアルコール分配に過剰に活動してしまい機能が低下してしまうこともあります。また肝臓自体に脂肪がついてしまう脂肪肝なども存在し、様々な要因で肝機能障害を起こすため、注意が必要です。