弁護士で解決できる

職場での悩みは弁護士へ


トップ / 職場での悩みは弁護士へ

日々のトラブルの情報

相続で揉めたらすぐ弁護士に依頼

親族が亡くなった後は、葬儀や遺品の整理など、やるべきことがたくさんあります。けれども最近では金額の多寡に拘わらず、相続で揉めることが増えており、そういう場合にはすぐに弁護士に対応を依頼することが得策です。遺言書の真偽を巡る争いから、長年にわたってくすぶってきた兄弟間の争いまで、さまざまなケースがあります。そうした争いをできるだけ早期に、そして関係者が納得できるような結論に導くためには、法律の専門家である弁護士の力が必要です。相続に関する争いが起きたら、すぐに対応を依頼するとよいでしょう。

不当解雇は弁護士に相談する

しばしば社会の中で忘れられている事柄ですが、労働者と雇用する組織側は実のところ、対等な立場です。世間的には組織が上、労働者が下という図式に思われがちですが、不当解雇されない権利やパワーハラスメントを受けない権利等が雇用者側には存在しており、権利が一方的に蹂躙された場合は、弁護士と協議した上で、訴訟を起こす事が可能です。近年では不当解雇や残業代未払に関する訴訟が各地で相次いでおり、弁護士の協力によって労働者側に限りなく有利な和解、または裁判に勝った判例が出て来ています。